TOP >> アートメイク眉毛

アートメイク眉毛

アートメイク眉毛

毎日毎日メイクをするのは大変ですよね。

そんなメイクの時間が省けるアートメイク。

特に描くのに時間や手間がかかる眉毛のアートメイクは、女性の間で人気です。

しかし、アートメイクには思いがけないリスクも伴います。

アートメイクの危険性やリスクについて調べてみたので眉毛を描こうと思う時の参考にしてください。

 

アートメイクはタトゥーと一緒

アートメイクというと、その名前からか、気軽にできるメイクの一種という軽い印象を受けますよね。

しかし、実際には皮膚に色素を注入して着色するので、完全にタトゥーと同じです。

一度入れてしまうと、簡単には消すことはできません。

施術後のアートメイクが気に入らなかった場合、タトゥーの除去と同じようにレーザー治療か切開をするしかありません。

特に眉毛のレーザーでの除去治療は、毛根を焼き切ってしまい、その後眉毛が生えてこなくなってしまうケースもあるようです。

また、レーザー治療は痛みを伴う上、顔のように薄い皮膚は特に激しい痛みを感じるので、除去手術の際はその痛みに耐える覚悟も必要です。

 

アートメイクの危険性

針を使って色素を皮膚に入れる行為は、医師しか行えないことになっています。

そのため、アートメイクをする場合でもきちんとした医療機関を選ばなければなりません。

テレビのニュースなどでも問題になったので記憶にある人も多いと思いますが

資格なしに個人で行っているような業者にアートメイクをしてもらうことは大変危険です。

衛生管理がしっかりしていない場合、HIV(エイズ)や肝炎に感染してしまうこともあります。

また、色素が皮膚に入ることによって、人によってはアレルギー反応を起こしてしまうこともあります。

アートメイクは、通常のメイクのようにクレンジングで簡単に落とすことはできません。

アレルギーが起こってしまってもすぐに落とすことはできないので、アートメイクを施したいのであれば、リスクも考慮しもう一度よく考えてみることをオススメします。

 

▼自眉が一番▼